UzCodeHelper

==== Free Soft ====



UzCodeHelper ver.3

【概要】 【ダウンロード】 【スキン】 【更新履歴】



◆概要
    このアプリケーションは、僕が自分のホームページにコードのサンプルを掲載するときに、
    「コメントのフォーマットを決めて、つけてみようかな」っと思ったのがきっかけで、作った作品です。
    
            
        僕の今の設定ファイル(INIファイル)をつけました。設定の仕方のサンプルとしてご覧ください。
    


[ヘルプファイルからの抜粋]

UzCodeHelper はコードの関数説明等のコメントのフォーマットを設定し、
ボタンを押すことにより、クリップボードにその内容がコピーされます。
後は、貼付けるだけでコメントのひな形が挿入できます。

例 : ファイルヘッダー)
'===========================================================================
'    ファイル名    : 
'    ファイル説明  : 
'    作成者        : Uz
'    作成日        : 1998/01/12 (Mon)
'    修正日        : 1998/01/12 (Mon)
'    備考          : 
'===========================================================================

例 : 関数ヘッダー)
'///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
'      関数名    : 
'      目的説明  : 
'      前提条件  : 
'      結果      : 
'      引数      : 
'      戻り値    : 
'      備考      : 
'///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


動作確認
    OS    :Windows95                (IE4)
          :WindossNT4.0 WorkStation (IE4 SP3)
          :Windows98
          :Windows2000              (SP3)

著作権について
        このアプリケーションはフリーソフトであり、個人的にご使用になる場合は
        御自由にお使いくださってかまいませんが、
        その他の場合は 私に連絡してください。
        なお、著作権は私 Uz にあり、無断で商用に使用することを禁じます。



◆ダウンロード
旧バージョンをお使いの方はインストールする前に実行ファイルがあるフォルダの
"UzCodeHelper.ini"を保存してインストール後に上書き保存するか、新しい iniファイルを上書きしなければ
現在の設定を継続して使用できます。
■最新バージョン
Ver 3.0.2 UzCodeHelper3.0.2.zip(Full)
■旧バージョン
Ver 3.0.1 UzCodeHelper3.0.1.zip(Full)
UzCodeHelper3.0.1.dif.zip(差分)
Ver 3.0.0 UzCodeHelper3.0.0.zip(Full)
Ver 2.2.4 UzCodeHelper2.2.4.zip(Full)
UzCodeHelper2.2.4.dif.zip(差分)



◆スキン
Simple



◆変更履歴
        [2003/07/12](ver3.0.2)
            - VBへのアドイン版(αバージョン)を同梱。
            - マウスがボタン外に出たときに、ボタンを戻す処理を追加。(ただしこれによりツールチップが出くなった。)
            - VCモードで引数無しの関数ヘッダー生成時処理を修正。
            - コマンドライン引数に /FB を指定したとき、ファンクションブラウザを起動。
        [2003/06/22](ver3.0.1)
            - タスクバーのアイコンをダブルクリックしたときの、表示位置がおかしくなることがあったのを修正。
            - タスクバーのアイコンをダブルクリックしたときの、Activeなように見えてActiveになっていなかったのを修正。
        [2003/06/21](ver3.0.0)
            - VC対応。
            - ボタンのスキン化。
            - クリップボードの監視方法を変更。
            - ヘルプファイルを HTML Help形式に変更。
        [2003/06/14](ver2.2.4)
            - クリップボードオープンエラー時のリトライ処理追加。
            - クリップボードの監視が効かなくなる事があるため、リセットで再セットかつ、
              クリア時も再セット。(応急処置)
            - Friend 宣言の関数に対応。
            - 配列を返す関数のとき、関数ヘッダーの結果がおかしくなるのを修正。
            - 予約語に [FUNCTION_ATTR] を追加。Public,Private,Friend が [FUNCTION_ATTR] 
              に置き換わる。
        [2003/03/10](ver2.2.3)
            - ファンクションブラウザ グループコピーが効いていなかったのを修正。
            - ファンクションブラウザ TreeのDrag&Dropの不具合修正(?)。
            - メイン画面を表示した状態で、ホットキーによるポップアップメニューから、
              ファンクションブラウザを表示したときの不具合修正。
        [2003/03/08](ver2.2.2)
            - ツールバー非表示時メニューが欠けるのを修正。
        [2003/03/07](ver2.2.1)
            - ホットキーによる自動貼り付け機能追加。
        [2003/02/28](ver2.2.0)
            - HDクラッシュにより、最新ソース紛失により ver2.1.11より再作成。
            - [ARGUMENT_NAME],[ARGUMENT_TYPE]の置換ミスを修正。
            - いろいろfix
        [2002/04/30](ver2.1.24)
            - クリップボード履歴関連の細かい修正。
        [2001/08/19](ver2.1.20)
            - クリップボード履歴表示桁数設定追加。
            - その他、細かい修正。
        [2001/04/29](ver2.1.16)
            - ホットキーでメニュー表示。
        [2001/04/06](ver2.1.13)
            - クリップボードにコピーしたファイルの名前をテキスト化してクリップボードに入れる機能を追加。
        [2001/04/01](ver2.1.12)
            - クリップボード履歴機能で、履歴情報を保存し、再起同時、前回の状態へ復元。
        [2001/02/27](ver2.1.11)
            - クリップボード履歴機能でクリップボードをオープンできない場合があり、
              それによって落ちる点を修正。
        [2001/02/25](ver2.1.10)
            - クリップボード履歴機能追加。
        [2001/02/04](ver2.1.0)
            - 開発環境をVB6に変更。
                →必要なランタイムもVB6なった。
            - ホットキー機能追加。→いちいちマウスを持ってボタンを押すのが面倒だった。
            - 最小化時タスクトレイに格納。→ホットキー機能により、画面上にいなくても良くなった。
              というか、邪魔になった。
            - クリップボードへの処理がおかしい場合があった点を修正。
        [1998/09/26](ver2.0.10)
            - グループ削除時のエラー解消
            - 関数ヘッダー 全角スペースでスペースを取っていたときの対応
        [1998/09/16](ver2.0.7)
            - ファンクションブラウザ グループの階層管理
              (ただし、並び順については現在修正中)
        [1998/09/12](ver2.0.5)
            - ファンクションブラウザルーラ追加
            - フォーム位置保存修正(最小化時の保存しなかった点を修正)
        [1998/09/12](ver2.0.3)
            - ファクションブラウザ ライブラリフォルダ選択可能
            - 細かいバグフィックス
        [1998/09/11](ver2.0.2)
            - 最小化時の強制終了
            - メニューのサイズ設定ミス
        [1998/09/05](ver2.0.0)
            - ファンクションブラウザ
            - Property・Event関数時の不具合修正
            - ツールバーアイコンサイズの設定
        [1998/02/11](ver1.0.0)
            - 関数宣言を解析してヘッダー部分の文字列を置換する機能
            - 最小化可能
            - 常に手前に表示可能
            - 設定データをINIファイルに保存(レジストリにゴミを残したくなかった為)